相続

  1. 人生を豊かにするエンディングノート:30代から始める備えのススメ【静岡県の行政書士が解説】

    はじめに皆さんは「エンディングノート」という言葉を聞いたことがありますか?エンディングノートとは、自分の人生の最期に向けた情報や希望を記録するためのノートです。これを準備することは、年齢や状況に関わらず大切なことですが、特に30代の皆さんにとっても非常に有益なツールとなります。

    続きを読む
  2. 40代から始めるエンディングノート入門:未来の安心を築くためのステップガイド

    はじめに40代という年齢は、将来の安心や家族のための準備を考える重要な時期です。エンディングノートの作成は、突然の事態に備えて家族を守るための重要なステップです。本記事では、40代から始めるエンディングノートの入門ガイドを提供し、未来の安心を築くための具体的なステップについて詳しく解説します。

    続きを読む
  3. 相続手続きのスムーズな進め方:重要なポイントと注意点【静岡県の行政書士が解説】

    相続とは、亡くなった方の財産や権利を引き継ぐ手続きのことです。しかし、相続手続きは複雑であり、多くの人にとって未知の領域です。本記事では、相続手続きをスムーズに進めるための重要なポイントと注意点について解説します。

    続きを読む
  4. 尊厳死宣言書とは【静岡県の行政書士が解説】

    あなたは、「尊厳死宣言書」という言葉を聞いたことはありますか?今回は尊厳死宣言書について解説します。尊厳死宣言書(リビング・ウィル)とは、病気が不治かつ末期の際に延命措置を止めて、人間としての尊厳を保ちながら死にたい旨を伝える宣言書です。

    続きを読む
  5. 散骨の合法性と注意点について知っておこう【静岡県の行政書士が解説】

    自分が亡くなった時、自分の骨はお墓ではなく散骨して欲しい…そんな願いは叶えられるのでしょうか?とくに海や山が好きな人に散骨を希望する方が多いようです。

    続きを読む
  6. より良い終活にするための3つのポイント【静岡県の行政書士が解説】

    「終活」…今の世の中では当たり前のように聞く単語ですね。

    続きを読む
  7. 相続のはじまりは【火】だった??

    相続という手続きはいつから始まったのでしょうか。相続の起源について簡単に解説します。太古の原始的社会において、火は特に尊重されていたようです。その当時、発火の技術は先端技術であり、神秘の領域でした。このことから発火法(火 を起こす方法のこと。

    続きを読む
  8. 財産が少ない人も遺言書は必要なの?【静岡県の行政書士が解説】

    私の身近な人によう言われる言葉…「遺言書なんて遺産が沢山ある人が書くためのものでしょ?うちには財産なんて自分が住んでいる家ぐらいしかないから書かなくても大丈夫だよ」おそらく多くの方がこのような考えをお持ちなのではないでしょうか。

    続きを読む
  9. 生命保険の死亡保険金は遺産分割の対象になる相続財産なのか?

    日本人の生命保険(個人年金保険を含む)の世帯加入率は89.8%です。この数字から分かる通り、生命保険に加入している人は多いと思います。また、だいたいの生命保険の保障に含まれているものが死亡保険です。世帯の普通死亡保険金額は平均2,027万円となっています。

    続きを読む
  10. 遺産分割協議書を作りたいけどどうすれば良いか

    家族が亡くなり遺言書を探してはみたものの遺言書がない場合、遺産分割協議書を作成しなければなりません。遺産分割協議書とは一体何なのでしょうか。「遺産分割」とは、被相続人の遺産を各相続人に分配し、各相続人の取得分を各自それぞれに確定する手続きをいいます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る